毎度お騒がせのアマチュア吹奏楽団「カメリア吹奏楽団福津」の、出没した場所や様子がよくわかります。

案外、演奏より呑んだり食べたりするのが目的だったりすることも…



出没日時 平成18年 4月22・23日 出没場所 津屋崎漁港
出没した理由 よっちゃん祭
 実は4月の上旬にお花見をしよう!という話があったのですが、当日は雨で中止になりました。「誰だ!雨男、雨女は!」なんて話がありましたが、私(HP管理者)はこの件には触れないことにします(

 さて、本題に戻りますが、22日の本番は「」でした。雨といっても霧雨状態だったので、どうにか演奏はできました。ここでやっぱり追求したくなる「雨男・雨女」約1名自己申告していただいたので、私(HP管理者)への責任追及は免れたのかな?

霧雨の中でのコンサート。そんな中でびっくりしたのが、「アメージング・グレイス」を演奏中、ものすごくきれいな歌声が聞こえました。私たちの演奏前に歌っていた、「津屋崎少年少女合唱団」の皆様だったんです!飛び入り参加のおかげで、この曲ものすごくよかったですね。感動しました!

「津屋崎少年少女合唱団」の皆様が歌っていただいたとき、気がつけば雨が上がっていました。なるほど!合唱団の皆様は「晴れ男・晴れ女」ですね。

 さて、23日も同じ場所で演奏です。前日とは大違いの晴れの天気。気合を入れて望むわけですが、気合の入る音といえば、「ぱしゅっ!」という缶を開ける音。ビールだよ〜ん!すでに何名かのメンバーは、「ぱしゅっ!」とやってましたね。
このよっちゃん祭の会場の近く、「藍の家」のお隣に「豊村酒造」さんの酒蔵があります。演奏前に、ちょっぴり試飲しちゃいました。しっかり感のある味です。大吟醸うまいっ!実は私、酔った勢いで演奏すれば、きっとうまくいくだろうと思ったのですが、練習でうまくいかないところは、本番でもうまくいきませんでした。飲みが足りなかった?

 この日急遽、「津屋崎少年少女合唱団」の皆様とコラボすることになりました。アメージング・グレイス、川の流れのように。やっぱりいつ聞いても合唱団の皆様の歌声はいいですねえー。かっこいいですよ!さ・ら・に「ペコリ ミュージック」では思い切り盛り上がっていただきました。

 また、弾 厚作メドレーではお客様が隣の方と手をつなぎ、体をリズムに預けて歌っていただきました。お客様が私たちの演奏に参加していただく方が、年々増えているようです。嬉しいですね。演奏後、片付けの途中に「演奏とても楽しかったですよ」と、お客様から声をかけていただきました。

お客様からの暖かい声が、私たちをやる気にさせてくれます。
さあ!来年も飲むぞぉ!・・・あ?失礼。がんばるぞお!

 最後に、この「よっちゃん祭」の語源ですが、多分「寄っちゃんしゃい(寄って行って)」の方言から来ているようですね。私はてっきり「酔っちゃんしゃい(酔って行って)」だと思っていました。ある意味、間違いではないと思うんだけど…