毎度お騒がせのアマチュア吹奏楽団「カメリア吹奏楽団福津」の、出没した場所や様子がよくわかります。

案外、演奏より呑んだり食べたりするのが目的だったりすることも…



出没日時 平成19年11月 4日 出没場所 福津市文化会館 カメリアホール
出没した理由 福津市民文化祭
 毎年恒例の福津市文化祭です。

福津市内で活動している文化団体は、いったいどれくらいあるのでしょうか?調べたことが無いので分かりませんが、かなりの数がありそうです。
私達にとって一番身近な「音楽」を例にとって考えてみると…

   ・吹奏楽団
   ・合唱団
   ・三味線や琴
   ・大正琴
   ・太鼓
   ・詩吟
   ・カラオケ

私が思いついた「音楽」と言うジャンルだけでもこれだけあります。さらにひとつのジャンルにいくつかの団体があるので、(社会人吹奏楽団だけでも福津市には2つあります)軽く20団体以上はあると思います。

さらに「文化」なので…
   ・写真
   ・版画
   ・陶芸
   ・華道
   ・茶道
   ・俳句、短歌
   ・盆栽
   ・演劇
…そのほかいっぱいの文化団体が、この福津市にはあると思います。

こうやって考えてみると、この文化祭に参加されている団体の数は、ものすごい団体数だと感じます。それと同時に、この文化祭の規模の大きさがうかがえます。


そんな文化祭のラストを飾ったのが、私達「カメリア吹奏楽団福津」です。
結論から言うと無難に終わった本番でしたが、ここである団員を紹介させていただきます。

この本番で、「天城越え」のソロを勤めていただいた方は、今年63歳のおじさん。
昨年よりこの楽団に入団されましたが、なんと楽器は約30年ぶりとの事。
60歳を迎え、さらに新しいことへのチャレンジとして、再び楽器を手にしたというわけです。

平均年齢20台のこの楽団の中で、この年齢差はまさしく親子。場合によってはそれ以上の年齢差があることも!
毎週欠かさず練習には一番にやってきて、ひたすら練習に励んでいます。このチャレンジ精神は、10代・20代に負けてません!

ホンと、この「カメリア吹奏楽団福津」は、いろんな個性が集まった楽団ですね〜